トロナ 環境に優しい雑草防除作業を実現

 

無公害型除草/抑草システム トロナとは?

 

天然由来のトロナ鉱石を特殊精製により軟結晶化させ雑草に散布することにより、旧来の雑草防除作業と同等の効果を得ることができます。

また主成分は「炭酸水素ナトリム」で一切の化学合成物質を含んでいないため、自然環境への影響も極めて低く、高い安全性を兼ね備えた画期的な雑草防除システムです。

 

 

 

 

トロナのメカニズム

               

 

  • 高圧散布後、葉茎に付着吸収または根より吸収されたNa+は植物細胞に流入し細胞内のNa+温度が上昇するとともに、「活性酸素」や「エチレン」が発生し、組織破壊(ネクロシス現象)が発生。
  • 土壌表層部で●●的に発生する大量のCO2は、夜間にも葉皮部の気孔を解放させる事で、組織内の水分が消失し枯死や矮小化が誘導される。
  • トロナ散布により、土壌が弱アルカリに変性することで種子の発芽障害や根。の発育を抑制。
 

 

 

 

 

トロナの特徴

素材の安全性

農林水産省・環境省より「農作物等、人畜及び水産動植物に害を及ぼす恐れが無い事が明らかである」として雑草防除効果を持ちながら無登録で使用が可能となる「特定防除資材」の指定を受けています。

 

 

 

 

作業の安全性

水溶液で吹き付けるだけですので、草刈機による作業員の怪我、ケーブルの切断などの事故に対して高い安全性を確保した作業ができます。

 

 

 

 

工数・費用の削減

トロナを散布された雑草は枯死状態となり草刈作業と同等の効果が得られます。

そのため草刈作業は不要となり、雑草及び一般廃棄物処理の費用・工数を削減できます。

 

 

 

 

トロナの施工方法

  

水溶液散布

(簡易・遅効性)

ブラスト散布

(速効性)

ウッドチップ散布

(効果持続性・リサイクル)