ESR工法 建設発生土のリサイクル

 

ESR工法とは?

 

建設発生土を現場で改良してリサイクルできるシステム、それが「ESR工法」です。

大規模工事での土質改良を大幅に効率化し、プラントなみの高品質な混合性能を誇ります。同時に周辺環境に配慮した低粉塵・低騒音設計も特徴です。

 

ESR工法の特徴

  • 幅広い建設発生土を土質改良することができます。
  • 現場内改良だから、土質改良プラントまでの運搬や人員にかかるコストが低減できます。
  • 改良後の土を建設資材として利用できるので、新材購入費はもちろん、委託処分費などのコストを大幅に削減できます。
  • リサイクルによる環境保全に貢献します。
  • 低品質な発生土処分の問題解決に役立ちます。

 

    ESR施工方法

     

    • 建設発生土を自走式土質改良機に投入します。

    • 固化剤添加→切削混合→衝撃混合の手順で改良された土を排出します。

    • 排出された改良土は盛土材・埋め戻し材、土地造成などに再利用されます。