“消パイ点検”を行いました

毎年冬を迎える11月23日勤労感謝の日に、当社の年中行事の1つである消雪パイプの点検作業を約80名で行いました。朝8時に朝礼を行った後、安田地区を3か所に分かれて作業を行いました。この日は、役員も社員も現場の人も内勤の人も全員が作業員です。

お昼には、美味しいお弁当と女性陣が前日から仕込んだ豚汁に舌鼓を打ち、みんなお腹一杯で幸せな気分になりました。とても充実した1日となりました。

消雪パイプは、雪国に暮らす人々を支える大切な施設です。私達は、雪道の安全を確保するために一生懸命頑張っています。

R3shopaitenken

新潟県SDGs推進建設企業への登録申請を行いました

弊社では令和3年度が創立50周年となることを機に、役職員全員でSDGsに取り組むこととし4月より活動を開始しました。

SDGsが掲げる「持続可能な社会」、「17のゴール」等の意義を知るとともに、役職員自身や会社として何ができるかを全員で考えてきました。

令和3年9月に新潟県土木部による「SDGs推進建設企業登録制度」が創設されたことから、これまで抽出していた主要な取組をまとめ、別紙宣言書の内容にて登録申請をおこないました。

登録した取組については先行して推進を開始するとともに、社内での活動を継続し2030年に向けたその他の取組を検討していく予定です。

sengensho

令和2年度完成 新潟県優良工事・優秀技術者表彰受賞

令和3年11月9日、新潟ユニゾンプラザにおいて、令和3年度(令和2年度完成)新潟県優良工事・優秀技術者表彰式が開催され、当社施工の『一般県道水原亀田線(総合地域交流)堀越拡幅大型函渠(その2)工事』が優良工事として、現場代理人の松原隆一が優秀技術者として表彰されました。

この受賞を励みに、より一層技術・技能の向上に励みたいと思います。

ご指導、ご協力いただいた発注者様、協力業者様、そして地域の皆様、大変ありがとうございました。

 

また、新潟県新発田地域振興局地域整備部様のHPの方でも、表彰についての記事が掲載されておりますので、ぜひそちらの記事もご覧ください。

https://www.pref.niigata.lg.jp/site/shibata-seibi/horikoshi01.html

 

R3yuryokojiR3yushugijutsusha

DSCN8193DSCN8205

 

国道49号阿賀野市下黒瀬地内の交通切り回し完了いたしました

弊社が国土交通省北陸地方整備局新潟国道事務所より受注している阿賀野バイパス17工区改良その23工事(阿賀野市下黒瀬地内)において、既設道路の脇に建設していた切り回し道路が完成し、10月27日に交通の切り回しを無事に終えることが出来ました。

切り回し道路の完成により、阿賀野バイパスの舗装工事が本格的に進められることになります。

交通切り回しに伴う交通規制にご協力いただいたドライバーの皆様、大変ありがとうございました。

 

AganoBP17-23

 

 

 

 

【切り回し前】                                                        【切り回し後】

beforeafter

クリーン作戦を実施しました

9月10日(金曜日)朝、国道49号沿い会社付近の交差点まで30分ほど

クリーン作戦を行いました。

25名が参加し、夏が終わり、根を張って伸びた草を刈りました。

普段の通行時は見えない所にたくさんのゴミが落ちていました。

今後も当社の経営理念にある「自然との調和の中で、山・川・道を拓き

人が住みやすい環境を創る」を身をもって示す方法として

毎月一回程度行っていく予定です。

DSC_0389

 

DSC_0398

滝沢地区ほ場整備工事の現場見学会を開催しました

2021年8月22日、新発田市滝沢集落の子供たちを対象に、ほ場整備工事の現場見学会を開催いたしました。

当社を含む滝沢地区区画整理工事を施工している3社で構成している、「滝沢地区経営体育成基盤整備事業安全協議会」が主催し、新潟県新発田地域振興局農村整備部様、阿賀野川土地改良区様、阿賀用水右岸土地改良区連合様の御協力をいただき、下記の日程で開催いたしました。

 

【聞いてよ、田んぼの話 ~滝沢集落のこどもたちとともに~】

1.阿賀野川頭首工のはたらきについて

2.ほ場整備事業について

3.土地改良区からのお話

4.田んぼを見てみよう(見学:ファームポンド、用水路、排水路、整地・農道)

5.いろいろやってみよう(体験:ドローン飛行、測量、高所作業車)

 

当日は地元のご家族、役員の方など計11名にご参加いただきました。

最後にアンケート調査を行い、「普段見ることができない現場を見学できてよかった」「いい勉強になった」などの意見をいただくことができました。

子供たちからも「楽しかった」「ドローン操作ができてよかった」等の意見をいただき、地域の皆様にほ場整備の工事について知っていただく良い機会になったと感じました。

ご参加いただいた地域の皆様、ご協力いただいた新潟県新発田地域振興局農村整備部様、阿賀野川土地改良区様、阿賀用水右岸土地改良区連合様、大変ありがとうございました。

 

2021.8.22takizawa

高校生がインターンシップに来てくれました

2021年8月2日と3日に、阿賀野高等学校2年生3名が帆苅組にインターンシップに来てくれました。

建設業とは何かの説明から始まり、現在施工中の現場で、どんな工事をしているのかを現場代理人から図面や写真を使って説明をしてもらいました。

また、ドローンを使っての空撮や、ICTバックホウに乗って操作を体験してもらったり、遺跡調査事務所で遺物整理作業をしてもらったり、実際の工事で行う様々な作業を体験・見学してもらいました。

高校2年生ということで、これからそれぞれの進路について悩み、決めていかなければならない時期です。今回の経験が生徒さんたちにとって、その一助となれば幸いです。

2021.8.2-3intern

令和3年度ICT活用工事成績優秀企業に認定されました

2021年7月19日、国土交通省北陸地方整備局様より「令和3年度ICT活用工事成績優秀企業」の認定をいただきました。

これは平成31年度・令和元年度及び令和2年度に完成したICT活用工事の工事成績評定の結果と施工実績について、優秀な企業を選定して「ICT活用工事成績優秀企業」として認定されるものです。

今後も積極的にICT活用に取り組み、安全で品質の高い施工を目指してまいります。

R3.7.19令和3年度ICT活用工事成績優秀企業認定書

優秀安全運転事業所銅賞を受賞しました

2021年7月9日、阿賀野警察署長・自動車安全運転センター新潟県事務所長連名による、優秀安全運転事業所として銅賞をいただきました。

この表彰は、従業員の交通違反や人身事故件数が一定の基準以下である事業所の安全運転管理状況等を総合的に判断して、優秀な事業所に贈られる賞で、弊社は2020年11月にも同じく銅賞をいただいており、2年連続での受賞となりました。

次回は金賞を受賞できるよう、より一層安全運転活動に取り組んでまいります。

 

優秀安全運転事業所銅賞

ICTバックホウが納車されました

2021年4月26日、ICTバックホウが納車されました。

『ICT完全対応の次世代油圧ショベル』の触れ込み通り、

i-Constructionに欠かせない重機として、今後様々な現場での活躍を期待しています!

CAT320